下肢静脈瘤は治療可能|常識を覆す最新技術

先生

最近の免疫治療

カウンセリング

樹状細胞療法は、他の免疫治療と組み合わせることでがん細胞の狙い撃ちが出来ることから、人気があります。一般的な治療と併用することも可能なのが、樹状細胞療法です。この場合、体力の維持や副作用の軽減が期待出来ます。複数の医師の意見が聞けることも、治療を併用した場合に得られるメリットです。

Read

力仕事やデスクワーク

ドクター

腰痛に悩まされているという方は、本当に多いといえます。コルセットなどで、予防するのがおすすめです。また、腹筋や背筋を鍛えることで、腰痛になりにくいといわれています。症状が酷い場合には、病院へ行きましょう。

Read

体が不調を訴える方々へ

病院

世田谷には、日本でリウマチ治療の先駆け的存在のクリニックが存在します。リウマチ治療は自分に合った薬を用いて進行を防ぐ方法をとります。体に違和感を感じたら早めに専門医を受診して、カンファレンスを入念に行い早めの投薬が治療への一歩です。

Read

がんの新たな治療法とは

ナース

がんの三大療法

がん細胞は普通の細胞が何らかの原因で変化してできたものです。これは毎日人の体のなかで発生している現象です。しかしこれらの変化した細胞は免疫の力で攻撃され死滅してしまいます。しかし体力が落ちて免疫力が弱まるとがん細胞の増殖を抑えきれずにがんを発症してしまうのです。この免疫機能を持つのがリンパ球で白血球の一つである血液細胞です。リンパ球はさらに種類が分けられており今話題のナチュラルキラー細胞もその一つです。がんの治療法は大きく分けて手術療法と放射線治療、化学療法があります。手術療法は増殖して悪性腫瘍となったがん細胞を外科手術で切除する治療です。放射線治療はがん細胞に放射線をあてて死滅させたり増殖を防ぎます。化学療法は抗がん剤を使った治療です。

注目される第四の治療法

これらの治療はがんの三大治療と呼ばれています。しかし最近第四の治療法として注目されているのが免疫療法です。免疫療法は本来の免疫力を強化してがん細胞を攻撃する治療法です。これは本来の人の持つ機能を利用しているので体への負担も少ない治療法です。外科手術は切開した部分が癒えるまで時間がかかります。また術後の痛みがしばらく続きます。放射線や抗がん剤は激しい副作用に悩まされる患者も多いのです。免疫療法は三大治療のように強力な即効性はありません。しかし体のなかで長期に渡ってがん細胞を攻撃していきます。そのためがんの初期の段階で使うとかなり高い効果が見込めます。また免疫療法は三大治療と組み合わせて行うことで効果を上げることもできます。

痛みがある

下肢静脈瘤は強い痛みがでて、歩くことも困難になる方もいますが、足を切断したり、死亡したりすることはほとんどないので症状が現れた時はすぐに病院に行き、治療をするといいでしょう。また、治療方法も、初期段階ならメスを入れて行うことも滅多にないといえるでしょう。例えば、弾性ストッキングなどで足を圧迫するようにきつめに巻き付けます。そうすることによって血液がスムーズに流れるようにして下肢静脈瘤を治すのです。この方法に使用される弾性ストッキングは薬局で購入することもできるので、病院に行く時間がなかったり、予約が取りにくかったりした場合は、これで処置をしておくといいでしょう。